様々なカラーバリエーションのドレスを着たモデルが、ランウェイを歩く。一つ一つのドレスにはキャッチコピーがつけられている。「『ちょうどいい』が大好物。“COOL HARMONY”」「一番欲しいのは、安心感。“PURE RELAX”」・・・。
実は、このドレス、自分の好きなものを選ぶと、カラー診断により自分の性格や価値観が診断され、さらに自分に合ったファンドが分かるという仕組みになっているのだ。

服を選ぶような感覚で、投資の入り口をやさしく

この「FUND DRESS」プロジェクトは、インターネット証券会社のカブドットコム証券が、投資をより身近に感じてもらうための施策として始めた。
日本人の投資や資産運用への関心の低さは、よく海外と比較される。アメリカの家計金融資産の現金・預金の割合は13.1%に対し、日本では52.5%と高く、逆に投資信託は4.0%という低さだそうだ。(参考:日本銀行2018年8月)

そんな中、資産形成として初心者でも始めやすいとプッシュされているのが「つみたてNISA」。それでもまだ、投資を始めるハードルは高いようだ。

「最近、『つみたてNISA』という言葉は認知され始めてきているが、内容理解がまだまだ足りていないという状況。入り口にある”難しそう”という心理的障壁をなくしたい。また、いざ口座を開いても、自分に合った商品が分からずに投資を始められていない方も多い。そういった行動的障壁も取り除いていきたい」(カブドットコム証券株式会社 執行役 塚本陽一氏)

そこで、直感で好きな服を選ぶような感覚で、自分に合ったファンドが分かるということを体験できるのがこのプロジェクトだ。カラープロデューサー今井志保子氏監修の元設計された、色の三属性による色彩感情メソッドから、ドレスのカラーによって性格や個性を診断。ドレスの色が表現する価値観に対応するリスクのとり方や特徴から、その人にあった「つみたてNISA」のファンドが提案されるという仕組みだ。

実際にドレス選びからファンドのマッチングを体験

ファッションショーの後には、ゲストに女優・タレントの辺見えみりさんが、実際に直感でドレスを選び、自分に合ったファンドを見つける体験をした。彼女の選んだドレスの色は、オレンジのベースに黒と白のアクセント。

「オレンジは、ポジティブさ、行動力、意志の強さを表します。そこに、信念の黒、理想を追い求める白が加わっているので、目標に向かって努力するというような性格ですね」(カラープロデューサー 今井氏)


「そういったアクティブな性格の方におすすめのファンドは、『Eマクシス スリム米国株式』。米国株はリスクがそこまで低くはないのですが、その分リターンが期待できます。手数料を必ず業界最低水準に下げてくれるというところが堅実です」(塚本氏)

辺見さん自身も、資産形成のことなど考えたいと思いながらも、よく分からないという悩みを抱えていたそうだ。

「投資とかって全然分からなかったのですが、おすすめされたらそれでまずはやってみようという気になりますね。本当に直感でお洋服を選ぶだけなので、簡単だし、楽しいですよね」(辺見さん)

ファッションの力でイメージを変える

2月22~24日には表参道での期間限定ポップアップイベントを開催。ドレスの試着体験やフォトスポットなども展開し、実際に服を選んで着るところまでを体験できる。また、22日からは「FUND DRESS」の特設ページでも、ドレスを選び自分に合ったファンドを診断できる。

今回のドレスでは、30パターンのカラーバリエーション展開を、sitateruの連携テキスタイルメーカー「宇仁繊維」のプリント加工技術で表現した。色がキーワードの企画の為、繊細な色については何度も見本を作成して担当者全員で確認を行い、満足のいく仕上がりとなった。

ファッションの持つポジティブさや楽しさ、目に見える分かりやすさは、投資に限らず様々なサービスや業界の既存イメージを変えるきっかけになりそうだ。

<ポップアップイベント情報>
開催期間:2019年2月22日(金)~24日(日)
開催時間:各日 11:00~19:00
会  場:SIDE(東京都港区北青山3-6-19)表参道駅より徒歩1分
入場料:無料