日本では就職ではなく「就社」。だから職場環境に対しても受け身

銀座 蔦屋書店の一角で行われた「GINZA WORKSTYLE LAB」。ワークスタイルと多様なテーマを掛け合わせ、働き方とその未来を構想するイベントシリーズとしてスタートした。

ファシリテーターには、毎年11月に開催される”働き方の祭典”「TOKYO WORK DESIGN WEEK」の代表・横石 崇氏。今回は、「ワークプレイス×ワークスタイル これからの『仕事場』」と題して、WORKSIGHT編集長の山下正太郎氏がゲストとして呼ばれた。

(以下敬称略)

山下:「WORKSIGHT」は、世界中の様々なオフィスをメディアとしてまとめています。30ヶ国50都市くらいのオフィスを実際に自分の足を運んで見てきたので、どんな国でどんなことが起こっているか、ある程度把握しているつもりです。その中でも、日本の方に知ってもらいたいことをまとめている雑誌です。

横石:こちらですね。蔦屋書店でも販売開始ということで、今日はその記念的なイベントにもなればと思っています。

日本でも注目されつつある「働く場」ですが、世界ではどのくらい関心が持たれているんですか?

山下:そもそも考え方が違いますね。日本では、会社で働くということに対して、ある意味「就社」とも言える考え方です。その会社のメンバーシップに所属するイメージですね。そしたら職場環境も、「与えられるもの」になってしまいます。

反対に、海外は「就職」。ワーカー側に職場環境を選ぶ主体がある。だから会社側も、いい環境を整えないといい人が集まらないという意識があります。

オフィスの外側の殻を柔らかくして、エコシステムをつくる

横石:さて今日は、「これからの仕事場」を中心に9つのトークテーマをパネルとして持ってきています。全部はお話しできないと思いますが、どれからいきましょうか。まずは会場の方に聞いてみましょう。

会場:関係人口で。

横石:いきなりここ来ましたか(笑)これは、地方創生の文脈で使われることが多いワードですよね。

山下:そうなんです。例えば、過疎化が進む村があったとします。そこに突然移住することって難しいですが、寄付してみるとか毎年遊びに行くなどの形で、少しだけでも関わる事ができる人を増やしていきましょうというのが、基本的な関係人口のコンセプトです。

働き方に翻ると、日本のイノベーションにとって非常に重要な概念だと思うんですね。

例えば、パリのど真ん中にできた大型インキュベーション施設「Station F」は、海外からスタートアップを誘致したい狙いがあります。パリなら、移住して起業するというのも考えられますね。

一方、日本は極東とも呼ばれる欧米から見れば遠い場所ですし、英語人口も少ないし、世界から見たら独立した”田舎”的な存在と言わざるを得ません。わざわざ海外からイノベーションを起こすようなスタートアップが突然来ることは簡単なことではありません。

ですが、観光と定住のあいだくらいの中期滞在があれば関係人口になり得る。企業と組織の壁を超えた、有機的な関係である「エコシステム」をつくるのが大事なんです。

例えば、「Roam」という中期滞在者向けの住宅とコワーキングスペースを合わせた「コーリビング型」のサービスがあります。こういうものが日本にも増えると、関係人口も増えていくのではないかと思っています。

横石:ちなみに、オフィスの関係人口を増やすという観点だと、どういった工夫の仕方がありますか?

山下:抽象的な言い方ですが、うまくやっている企業は、外側の殻が非常に柔らかいですね。

日本のオフィスって、外と内を分けるセキュリティが堅くて、中に入るとゆるい。逆に、海外の先進オフィスに行くと、外部の人と接する外の殻がやわらかくて、守るべき中心は堅いようなところが多いです。

日本でも少しずつそういったオフィスも増えています。例えば、Yahoo!の「LODGE」は、身分証明書さえあれば誰でも入れるフリーなコワーキングスペースです。ガイアックスの「GRID」も全館ほとんどコワーキングエリアです。

海外だと、特に労働人口の流動性が広がっていますから、物理的なセキュリティが意味をなさなくなっているということもありますね。日本もそろそろ考え直す時かもしれません。

横石:コクヨさんのオフィスはどうなんですか?(笑)

山下:そうですね…(笑)これまでもコクヨは、外部とのパートナーシップで成長してきたということもあって、意図的にひらけたオフィスにしようとしていますね。

整然と管理されたオフィスからイノベーションは生まれにくい

横石:そういえば、オフィスではないですが、最近この近くにできたGinza Sony Parkも、街にひらけた空間ですね。なんにもなくて、余白だらけなんですよ。

山下:今日のパネルでいうと、「ハッカブル」に繋がりそうですね。

横石:おお、ハッカブルの話聞きたいです。

山下:ハックできるという意味ですね。「Hack(ハック)」って、ネガティブなイメージもありますが、言い換えれば「自分のものにする」ということです。実は、最近の空間づくりでとても重要な概念で、自分で空間をハックできる状態が、創造性を高めてイノベーションを生み出す鍵とも言われています。創造性を豊かにするための「意図的な余白」を創ることが大事なんです

Facebookのシリコンバレー新社屋は、意外と雑多で、自由にというか多少乱暴に、自分のデスクのしつらえを変えられるような仕様になっているんです。

横石:ずっとベータ版であり続けるということですね。

山下:整然と管理されたオフィスに行くと、人間はおとなしくなってしまうんです。みなさん、もしかしたら自分の職場が本当に汚くて、こんなところでイノベーション起きるのかと思うことがあるかもしれませんが、「自分のやりたいようにやっている状態」というのは実は大事なんですね。

 

■Weareコミュニティメンバー募集中!
ご登録いただくと、新着記事情報や
会員限定シークレットイベントの招待など定期的にお届けします。

コミュニティメンバー登録はこちら(無料)

オフィスに”集まる”ということの本質的な意味

横石:Facebookオフィス、ものすごく広いですね。ひとつの町みたいですよね。

山下:そう、ワーカーには周辺に住むことも奨励されているようです。イノベーションのためには、とにかく「集まる」ことが大事だと。

今の論調だと、イノベーションを狙うんだったら、集まってコミュニケーションの量を増やすのが大事という考え方が広がっていますね。旧来のシリコンバレーは在宅ワークが主流でしたが、今はオフィスに長くいることが大事とされています。

オフィスに集まっているとリモートワークと違って、突然話しかけられたり自分ではコントロールできないコミュニケーションが起こります。そこに偶然の気づきなどが生まれて、イノベーションに発展するということです。

横石:GAFA(Google,Apple Facebook Amazon)あたりは、揺り戻しの潮流がありますよね。日本でもそうしていくべきなんでしょうか?

山下:いや、むしろ日本のオフィスってすごく集まっていると思います。毎日ほとんどの社員が定時に出社して、夜遅くまでオフィスにいる。上司が帰らないと帰れないみたいなこともあったり(笑)海外の企業よりよっぽどオフィスに塩漬けにされています。

横石:たしかに(笑)そこは課題ではないんですね。

山下:そうです。集まっても創造的な会話があるか、というところにメスをいれるべきかと思います。ひとつのヒントになる考え方が、IDEOのトム・ケリーが提唱している「Creative Confidence」です。創造的になるためには、自分の創造性に自信を持つべきと。パッと思いついたアイデアを、すぐ人に話す勇気があるかどうかが大事なんです。

実は、Adobeによる「世界で最もクリエティブだと思う国」のアンケート結果によると、日本は1位に選ばれているんですよ。なのに、自分たちは全然自覚してない。そういった文化的な側面から変えていくべきかもしれません。

横石:世界には認められていると。もっと自信を持つべきですね。

山下:集まるという話でもうひとつ抑えておきたいキーワードが「コンテクストカルチャー」です。ものごとのルールが予め文章などで規定されず雰囲気などで決まるのが「ハイコンテクストカルチャー」。逆に、ルールが文字通り解釈されるのが「ローコンテクストカルチャー」です。

先程例に出した最近のGoogleなどは、柔軟性があって高いレベルのコミュニケーションを求めているのでハイコンテクストカルチャーにしようとしているわけです。日本は元々ハイコンテクストカルチャーですが、働き方改革で進められているテレワークなどをするのであれば上司の顔色を伺わずにすむローコンテクストカルチャーも必要になってきます。

横石:僕はフリーランス的な働き方をしているので、なんとなく空気で定時に出社してずっと会社にいるみたいなハイコンテクストカルチャーは肌に合わないです(笑)今の日本の若者も、そういう価値観をもつ人も増えてきているのではないでしょうか。

客観的なデータと感性のデザインで、共感を得られる職場デザインを

横石:もうひとつ、僕が気になっていたテーマが「2つのD」です。これはDataとDesignですね。

山下:そうです。これから日本でも多様性が進むとなると、職場のデザインを考える上で、いろいろな衝突が起こってくると思うんですね。会社のふわっとした「空気」で決められなくなる。つまりローコンテクスト化していくわけです。そういった時、指標のひとつとなるのが、客観的な「データ」ではないかと。

一方で、多様化したカルチャーの中で、みんなが共感できるものを作るためには、最後は感性に訴えかける「デザイン」の思想も大事だと考えています。

横石:なるほど。オフィスからデータってどうやって取るんですか?

山下:例えば最近、スマートビルみたいなものも出てきていますね。オランダのデロイト本社は、ビル全体に2万8000個のセンサーがあって、社員の行動パターンがデータ化されているんです。

そうすると、若い人とシニアの人、男性女性など、人によって動きが違ったり、働き方が違うということが分かってきます。組織の働き方ビッグデータが取れるわけです。

横石:それは、個人情報を会社のマネジメント側に監視されたり牛耳られる、ということではないですよね。個々の社員が、自分がこんな行動パターンを取っているんだと自覚して、働き方の主体性を取り戻すためのデータということが大事。

山下:そうですね。これまで全然分かっていなかったことが明らかになって、働き方のあるべき姿みたいなものが見えてくるのではないかと期待しています。

横石:案の定、パネルのキーワードがずいぶんと残りましたね 続きはまたやりましょう。

トークイベントの中で、オフィス依存度の高い働き方をしてきた日本企業がイノベーションを生み出す職場を創るために必要とされることが、いくつか見えてきた。社内外を繋ぐエコシステムを作るための「殻の柔らかい」オフィスづくり。仕事場を自分のものにできるハッカブルな設計。多様性を抱擁するための、客観的データとデザインの力。そして、オフィスに集まるなら、自分のクリエイティビティに自信を持ち、アイデアを積極的に発信していくというカルチャーづくり。

何よりも大切なことは、働く人は仕事場を「与えられるもの」ではなく「自ら最適にしていくもの」と捉え、企業側は職場を含めて「選ばれるもの」としてより良くすることだと感じた。

■Weareコミュニティメンバー募集中!
ご登録いただくと、新着記事情報や
会員限定シークレットイベントの招待など定期的にお届けします。

コミュニティメンバー登録はこちら(無料)