魔法化するテクノロジー

テクノロジーはその性質上、進化することでテクノロジー自身の存在感を消していく。近年はテクノロジーが十分に成熟し、テクノロジーありきではなく、その先にどのような価値を提案するかということが一層の関心を集めているように感じる。

その思考方法が最も活用されているのがデザインの世界といえるし、今回数々の作品・展示を通して、優れたデザインが鮮やかにテクノロジーの香りを消し、人の知覚や認知を利用し、現実世界のマテリアルや技術という”材料”を魔法へ料理するのを目撃した。

Soundscape (AGC旭硝子 AGC studio)

Ventura Centraleエリアは高架下の空間を利用した展示スペースがある。AGC旭硝子は、現在開発中という「音を生む」ガラスによって、空間内に自在に音を配置した展示を行った。

共振を抑えた特殊な二層のガラスに接続されたスピーカーの音を、ガラス全体が振動・増幅して音を鳴らす。コンクリートの高架下と、真っ白い砂利が敷き詰められたフロアのあいだに吊り下げられたガラス。極端に無機質な空間から、どこからともなく鳥や水の音が立体的に聞こえてくる。ガラスに取り付けられたスピーカー部は非常に小さく、そこに音の発信源があるということを認識することがない、不思議な体験だった。

Giants with Dwarf (Stephan Hürlemann / horgenglarus)

スイスの建築家・デザイナーのステファン・フューレマンによる、スイス最古の家具メーカーhorgenglarusのためのインスタレーション。巨人と小人というタイトル通り、入り口をはいるとこちらを向いた大小異形の怪物たちがお出迎えしてくれる。最も大きいもので背丈3mにもなる彼らは、100年も前の椅子とテーブルの木製部品などを用い、再構築されたものだ。

この作品はミラノデザインウィーク中の展示で審査員と一般人の投票によって選出されるミラノデザインアワードの内、独創性が評価される「ユニコーン2018」を受賞した。実際、展示会場内に入ったときの迫力が圧巻で、最初それが椅子やテーブルであることを感じない。

その姿はどこか可愛らしく、どこか恐ろしく感じ、絵本や神話でみる悪魔とかそういったものと似た畏怖の感情が想起される。100年前の伝統的な椅子を用いていることと通底する心理的距離感があるのかもしれない。

あえて無骨でプリミティブな表現方法を取ることで、スイス最古の家具メーカーという面を浮き彫りにする独創的な発想が伺える。

The Diner (David  Rockwell / Surface / 2×4)


by Michele De Candia

アメリカのデザイン雑誌「Surface」の25周年を記念し、建築家デイヴィッド・ロックウェルとデザインスタジオ2×4がコラボレーションし、会期中限定のレストランを開業した。訪れた客にアメリカの西海岸から東海岸までを横断させるというコンセプトで、内装が4つのテーマに分割されている。デイヴィッド・ロックウェルによれば、レストランは故郷への思慕を起こさせると同時に、家そのものではなく、様々な人間模様と出会う場だったという。

世界中から人が集まるミラノデザインウィークという場でも、様々な国籍・人種の人々が、このアメリカ東西を圧縮したレストランで食事や談笑をして時間を過ごしていた。観客とのインタラクションが評価されるミラノデザインアワード「ベストエンゲージメント」を受賞。

https://www.surfacemag.com/the-diner/

HARU stuck-on design; bring color into your life (株式会社ニトムズ)

「色を貼る」という発想で空間をクリエーションする貼ってはがせるテープブランド「HARU stuck-on design;」の展示。基礎技術となる粘着技術を応用し、壁面などに装飾を行うことができる商品。マスキングテープと近いものを想起するが、テープ幅が大きいものを中心に広い空間で展示することで体感距離が倒錯するような感覚がある。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000236.000001499.html