「旅行中、毎日の楽しみは『今日はどんなホテルに泊まるのか』ということしかなかったんですが、どのホテルも内装が同じものばかりで、どうしてこうもつまらないのかと思いまいした。もっと個性を持ったホテルを作ろうと、子どもながらに考えていました」(龍崎氏)

HOTEL SHE, OSAKA」はそんな彼女の想いが体現されたホテルだ。そもそも、ホテルのある弁天町という街は、大都市でも歓楽街でもない、大阪府民ですら用事がなければなかなか立ち寄らない場所。そんなところに“ソーシャルホテル”というコンセプトを持ち込んだ。

ラウンジでは定期的にイベントが開催され、館内には共用キッチンスペースやカフェを併設。またすべての客室にレコードプレイヤーが置かれており、好きなレコードを聴くという体験ができる。特徴は、“ただ宿泊する”という機能面ではない部分が充実していること。このホテルに泊まることで新しい街やコンテンツ、そして人との出会いが生まれる、これこそが“ソーシャルホテル”の意味するところだ。

“平成最後の夏”を主題にしたエモーショナルな一夜

そんなホテルで8月31日、まさに“ソーシャルホテル”の名にふさわしいイベントが開催された。泊まれるフェス「音楽フェス平成ラストサマー」だ。

photo byモリシタヨウスケ

平成の思い出の名曲をオールナイトでプレイする宿泊付きのフェスイベントで、クラウドファンディングで宿泊付きチケットを販売したところ、即完売。ホテルがフェスをやるというキャッチーさも相まって、SNSで大きな話題となった。

エントランスでのDJプレイはもちろんのこと、平成を体感できるいくつかのコンセプトルームを用意。疲れた利用者が各部屋に集まって、そこにある“懐かしいコンテンツ”を起点に初対面の人同士の交流も数多く生まれた。

photo byモリシタヨウスケ

「平成の音楽」というキーワードを楽しみに集まった宿泊者が自発的につながりを持つという、まさに同ホテルが目指す宿泊施設のあり方を表現する一夜となった。

「イベントに集まってくれた人たちも18歳から50歳まで本当にさまざまな年齢で、普段(大阪の)堀江で遊んでいるようなモデルの子たちがいたり、東京からファミリーで来てくれたり。そんな普段出会うはずのない人たちが『平成』という共通項だけで集まってくれました。

今はみんなが同じテレビを見るような時代ではありません。趣味が細分化され、コンテンツが多様化しています。そんな中で『平成』という一様なテーマに多様な人びとが集まったことは、とても意味があると思います」(龍崎氏)

みんなで作る参加型イベントがバズを生む

これほど熱量の高いイベントの背景には、彼女独特のコンテンツの作り方がある。一言で言えば、「みんなで作る参加型のイベント」だ。今回のイベントが生まれたのもほんの些細なきっかけで、龍崎氏が「平成ラストサマーというイベントをやりたい」という投稿をツイッターにしたことに端を発する。

これを面白いと思ったフォロワーが次々にアイデアを投げかけ、イベントはみるみる具現化されていった。イベントグッズのデザイナーやDJですら、投稿を見て「協力したい」と申し出てくれたそうだ。

「シンプルに“バイブス”の合う友達が周りにいることが大きいですね。基本的にイベントはツイッターにアイデアを投稿してリアクションを見ます。ウケが良くなければ、ぬるっとやめちゃうこともあります。

『The Ryokan Tokyo YUGAWARA』でやっている(個室での集中作業に特化した)“原稿執筆パック”もそうだし、最近では“積ん読解消パック”という溜まった本を読むためのプランを考えているのですが、これは旅館のスタッフから上がったアイデアが元になっていて、具体的なコンテンツはツイッターで意見を集めました」(龍崎氏)

“積ん読解消パック”のアイデアを投稿したところ、1万件以上の「いいね」がつき、コメントも500を超えた。ツイッターというソーシャルプラットフォームを介してファンもコンテンツ作りに参加できるからこそ、コンテンツに対する熱量が高まることはいうまでもない。

前述のイベントでも、「#平成ラストサマー」というハッシュタグがイベント開催前に多数投稿されたことで、結果としてイベントのオーガニックな告知にもつながった。ファンが新しいファンを呼ぶことも、こうしたコミュニティーならではだろう。

「ロイヤリティの高いゲストに来ていただくには、SNSなどでの広告ではなくオーガニックな口コミが必要です。そのためにはコンテンツの満足度が高いことはもちろんですが、そのサービスの内容や新規性の『説明しやすさ』が大切だと思います。

SNS受けをメインにしているわけではありませんが、SNSに載った時にどう見えるかを意識しながらコンテンツを設計しています。 言うなれば、ジブリ作品や名探偵コナンのように、間口が広くて深さのあるコンテンツ。

社会の流れを踏まえ、自分たちなりの考えや問題提起に基づいてコンテンツを作りつつ、一見しただけでも概要を把握できるような分かりやすい表層を作っています。 」(龍崎氏)

■Weareコミュニティメンバー募集中!
ご登録いただくと、新着記事情報や
会員限定シークレットイベントの招待など定期的にお届けします。

コミュニティメンバー登録はこちら(無料)

「ホテルはメディアである」

現在5カ所のホテルを運営する同社だが、それぞれのホテルで大小さまざまなイベントを開催しており、訪れるたびにホテルの異なる顔を見ることができる。龍崎氏はその背景に「ホテルはメディアである」という考えが存在しているという。

「ホテルは常にトレンドカルチャーを発信できる場にしたいと思っています。閉じた空間でしか一般化していないコンテンツを編集して発信・提供できる媒体なんです」(龍崎氏)

そうした思想から、龍崎氏は社員の行動指針のひとつにstay streetというメッセージを掲げる。

photo byモリシタヨウスケ

「消費者目線、というとおこがましいですが、社会の流れの中に身を置いて嗅覚を研ぎ澄ませていかないといけないと思っています。従業員もみんな若いですが、それぞれ旅行が好きだったり、遊びが好きだったりして、つねに仕事としてではなく、消費者の感覚を忘れないようにしています」(龍崎氏)

「音楽フェス平成ラストサマー」はもちろんのこと、“積ん読解消パック”のようなコンテンツを社内外が一丸となって考えられる体制は企業という縛りを超えて、同じ趣味の元に集まるコミュニティーそのものだ。龍崎氏はもちろんその中心にいて、アイデアを投げかけるのはもちろんのこと、経営視点でコンテンツを見ることも彼女の重要な役割だ。

「ただ面白いコンセプトを考えているとか、利益を削ってでもこだわりを持つとか、そういうわけではありません。いいコンセプトを作ることと、ビジネス的にうまくいくことは決して矛盾しないんです。

『平成ラストサマー』イベントもホテルが満室になったという点では経営的にもいい施策だし、“原稿執筆パック”も元々は閑散期のアイデアとしてスタートしたものです。もちろん宿泊代は適正価格をつけるし、いいコンテンツならきちんと利益を取ることができるんです」(龍崎氏)

宿泊は“ちょうどいい”コンテンツになりうる?

取材を通して見えた彼女の思想はこうだ。そもそもホテルはメディアである。ただ宿泊する場ではなく、一般化していないコンテンツを大衆に向けて発信するための場所だ。しかも、雑誌を読むとか、カフェに行くとか、そういった日常の一部とは違い、知らない土地で、自分の一晩を過ごす場所。なんらかのコンテンツを体験するにも十分な時間が確保できるメディアだ。今回のような音楽はもちろん、映画でもファッションでも、組み合わせるコンテンツの幅も広い。

ただ、それだけの深い体験を与えるからには、きちんとルーツのあるコンテンツが必要になる。だからこそ、社員だけでなく時にはツイッターのフォローやファンをも巻き込んで、自社らしい、そしてファンが求める、経営的にも健全な“ちょうどいい”コンテンツを探し続けなければいけない。そこに龍崎氏が掲げる「Stay Street」という理念の真意があるわけだ。

「ホテルは数こそあれ、選択肢は少ないんです。価格などの定量的な違いはあれど、定性的な違いがありません。だから、ホテルの持つ質の高いストーリーがもっと増えればいいと思っています。自分一人ではそれができないので、少しでもその原動力になると嬉しいなと。そんな思いでホテルをやっているのかなと思っています。」(龍崎氏)

■Weareコミュニティメンバー募集中!
ご登録いただくと、新着記事情報や
会員限定シークレットイベントの招待など定期的にお届けします。

コミュニティメンバー登録はこちら(無料)